MRET&ERT技術

GIA社は、特許技術MRETと独占技術ERTの
2つの技術の相乗効果を使い、水が持つ神秘的な力を引き出します。

スミルノフ博士の特許技術MRETとは?

ロシアの科学者イゴール・スミルノフ博士は、チェルノブイリ原発事故の後、被爆症にかからない住民の調査を政府から依頼され、研究チームを組織して調査した結果、山からの湧き水が、普通の水とは異なる分子構造になっていることを発見しました。

その後、数年に渡る研究開発の結果、スミルノフ博士は、水分子の結合角度を通常の104.5度から108度に変えるMRET技術を開発し、2002年にアメリカで特許を取得しました。

MRETとは、Molecule Resonance Effect Technology(モレキュール・レゾナンス・エフェクト・テクノロジー)の略で、特殊ポリマーが発信する情報を用いて細胞を共鳴させて効果を生み出す技術です。

特殊なポリマーが特別な信号を発信することにより、水の分子構造を変えて、シングル・ファイル・アライメント化された水を作ります。

GIA社の独占技術ERTとは?

ERTとは、Energy Resonance Technology(エネルギー・レゾナンス・テクノロジー)の略で、細胞同士のコミュニケーションを活性化させるエネルギー情報信号を、アクリル、ガラス、プラスチック、ゴム、金属など、あらゆる物質に転写できる技術です。

携帯電話やコンピューターが発信する人工的な電磁波の波形は、自然界に存在しない波形なので、身体の細胞同士のエネルギー信号の交信が不活性化する妨害電波のような悪影響を与えます。

ERTが発信する情報信号は、細胞同士の交信波形と似ているので、細胞は自己の信号と同じ様に受信します。
その結果、細胞間のエネルギー交信を活性化して、細胞の活力や免疫力、電磁波に対する抵抗力を向上させて、電磁波からの悪影響を軽減します。

GIA社の独占技術ERTは、アイ・ウォーターをはじめ、各種ペンダント、携帯電話用チップ、スマートカード、ハーモナイザーなど、GIA社の製品に使われています。

アイ・ウォーターなど一部の製品には、上記のMRETとERTの2つの技術が使われ、スーパープレックスマークが表示されます。